谷汲カントリークラブ

岐阜県揖斐郡のゴルフ場「谷汲カントリークラブ」は
PGA競技の開催実績のある"原則キャディ付"のゴルフ場です。

ブログ - その他

2018年12月07日 (金)

投稿担当:藤原 成未

プレー前のストレッチで怪我防止とスコアアップ!

これから寒くなると、朝は特に筋肉の柔軟性が無くなり自然と体が
緊張して硬くなっている状態になっています。
その状態で、何も準備せずいきなりゴルフをすることは筋肉に負担をかけ、
怪我の原因となりますし、良いスイングが出来ません。
朝一のミスショット・・・。これが原因です。
今回はそんな冬のラウンド前におすすめのストレッチをご紹介致します。

まず怪我をしないためには体を温める事が大切です。
軽いランニングをすると良いですが、ゴルフ場で走るのは
恥かしいという方は、ジャンプをすることをお勧めします。
数回で体が温かくなってきます。

その次に、肩甲骨の可動域を広げるストレッチです。
足を肩幅に広げ、胸の前で手のひらと両肘をくっつけます。
背筋を伸ばし、両肘はくっつけたまま上方へ肘を持ち上げます。
限界まで上がったらもとに戻します。
これを10回繰り返しましょう。
始めは上がらなくても続けることにより上がるようになります。
無理に上げようとすると、姿勢が崩れるので出来る範囲で行うようにしましょう。
肩の可動域が広がり、バックスイングからフィニッシュまで
しっかり肩を回すことが出来るようになります。

次に体をねじって体幹を刺激します。
先程の態勢のまま、上体を前傾し左右に回します。
これを十往復しましょう。
インナーマッスルがほぐれる事により、
よりスムーズな体の回転ができるようになります。

次に、股関節が正しく動く様にするストレッチです。
片足で立ち、上げた方の足を真横にして軸足に重ねます。
上げた方の足のひざと足首に手をのせ、出来るだけ腰を落とします。
その際、ひざに乗せた手に体重をかけるようにしましょう。
これを各5回行いましょう。
おしりの筋肉が伸びていると感じる事が出来る所まで
体重をかけるようにしましょう。

今回紹介した内容は、10分ほどで行う事が出来ます。
これらのストレッチを行う事で、怪我を防ぐだけでなく
ゴルフに必要な筋肉や関節が正しく機能しスイングが良くなり
ヘッドスピードが上がり、飛距離も伸びてきます。
スコアアップも期待できますね!
ラウンド前だけではなく、毎日の日課に取り入れる事もおすすめです。

寒い冬でもストレッチをしっかりと行い
怪我のないよう、ゴルフをお楽しみください。

PAGE TOP