谷汲カントリークラブ

岐阜県揖斐郡のゴルフ場「谷汲カントリークラブ」は
PGA競技の開催実績のある"原則キャディ付"のゴルフ場です。

ブログ - コース紹介・攻略

2016年03月30日 (水)

投稿担当:大野 真

1番ホールのご紹介!

谷汲カントリークラブ、キャディの大野です。今回は谷汲カントリーのコース戦略方法をご紹介していきたいと思います。私はキャディをやり始めてから5年以上がたちます。谷汲カントリーでの総ラウンド数は1500ラウンドを超え、今も尚勉強中です。
これまでの様々な経験を活かしコースの特徴、戦略方法をぜひ皆様に知っていただき、今後のプレーの参考にして頂けたら幸いです。コースを知っている方も、まだ来場されたことのない方もどうぞご覧下さい。

1番ホール、フロントティから470ヤードPAR5。
谷汲カントリーの中では一番距離の短いロングホールです。
コース1

右に隣接する9番ホールはセーフとなっています。
ティショットは左側のOBだけに気を付けて朝一の豪快なショットを。

コース2

コース3

9番ホールに行ってしまった場合は、基本的に1番ホールへ戻すことをお勧めします。ただ、木の下にボールがあったり、どうしても戻せない場合は、9番ホールのティーグランド方向に打つのも一つの方法です。その際なるべく右側へ打ちサードショットが木の近くにならないように注意してください。

コース4

コース戦略 041

サードショットでは、残り70ヤードの位置にある松の木から先の9番ホールからはOBとなります。そこに気を付けてください。若干ではありますが、打ち上げがあるので、朝一の体が動きづらい時は大きめに打つことをお勧めします。

コース6
グリーン中央にはオネがあり、基本的には右に行けばスライスライン、左に行けばフックラインになります。当クラブのグリーンは、奥からは早いという傾向があります。もしカップの奥につけてしまったら、優しいタッチで寄せることを優先されると良いと思います。

PAGE TOP