谷汲カントリークラブ

岐阜県揖斐郡のゴルフ場「谷汲カントリークラブ」はPGA競技の開催実績のある"原則キャディ付"のゴルフ場です。

ブログ -

2016年09月30日 (金)

投稿担当: 谷汲フロント&総務

6番ホールのご紹介!

6番ホール。フロントティから501ヤード。
谷汲カントリークラブ最難関ハンディキャップ1のロングホールです。
6番ホール フェアウェイ左に見えるバンカーまでは220ヤード。
ティーショットは谷越えになります。谷を越えるだけの距離は100ヤード、フェアウェイまでは150ヤードあれば届くので意識をせずいつも通りのスイングでナイスショットを狙って下さい。
blog_20160911_2 もし、谷に落とした場合と左側に打ち込んでしまった場合は、ラテラルウォーターハザード扱いでドロップエリアから第3打でプレーとなります。右側へ打ち込んでしまった場合はOBとなりますので、打ち直しか、特設ティからのプレーとなります。

セカンドでは左右に注意です。左サイドは思った以上に浅くOBになりやいです。右サイドには土手が続いていますが、この土手はラフが深く、下までボールがなかなか落ちてきません。なのでセカンドは短め目のクラブで右サイドを狙って下さい。
blog_20160911_4 サードショットでは、150ヤードから上りが5~7ヤード、100ヤードから2~3ヤードあります。またグリーン手前に見えるバンカーはエッジから40ヤード手前にあります。このバンカーに入れるとグリーンオンをするのも難しくなるので、越えられるか微妙なロケーションの時は手前に刻んだ方がいいかもしれません。
blog_20160911_5 グリーンは右側が高く、左側が低いグリーンです。左右についてしまった場合は、上り下りの距離感を意識して下さい。
またピンが手前にある時に右の上につけてしまうと下りの傾斜で寄りにくく、左の上につけると、上り下りのスライスラインでなかなか寄りません。カラーか花道くらいでも下からの方が寄りやすいと思います。
blog_20160911_6 このホールは谷を気にせず思い切ったティーショットが鍵となるでしょう。

PAGE TOP